TRWオートモーティブ、自動運転部門を拡充

業界 レスポンス

TRWオートモーティブ・ホールディングスは、自動運転部門を拡充すると発表した。

自動運転技術には、センサーとコントローラ、アクチュエータ間の統合レベルを高めるとともに、冗長性が必要不可欠だが、TRWではこれら分野で自動車メーカーと連携するため体制を強化する。具体的には、自動運転システム向けのエンジニアリングチームの規模を2015年中に倍増し、日本、欧州、北米での製品開発に対するニーズに対応していく。

TRWでは、運転支援システムの製品ポートフォリオ全体の拡大を目指しており、全社的に技術者の採用を進める。

同社では、アクティブセーフティシステムポートフォリオ部門副社長にブライアン・ロー氏を任命した。ロー氏は、運転支援用の各種センサー、セーフティドメインECUの開発、自動運転実現に向けた戦略立案、遂行を統括する。

また、アクティブセーフティエンジニアリング部門を新設、ディレクターに、ハンス・ゲルト・クレケルス氏を任命した。クレケルス氏は、運転支援用センサー、セーフティドメインECU、自動運転に必要なソフトウェアを担当する。

自動運転技術を統括するTRWのエレクトロニクス事業は、過去3年間で急成長しており、世界全体で650人を超える技術者を採用している。採用された技術者の多くは、北米、欧州にあるテクニカルセンターで、レーダーやカメラの先進技術の開発に従事する。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ