田中貴金属工業、FC EXPOに出展…燃料電池に不可欠な貴金属材料を紹介

業界 レスポンス

田中貴金属工業は、2月25日から27日まで、東京ビッグサイトで開催される燃料電池の展示会「FC EXPO 2015」に出展する。

ブース内では、固体高分子形燃料電池(PEFC)用電極触媒や、パラジウム合金水素透過膜、燃焼触媒など、燃料電池に欠かすことのできない貴金属材料各種について、パネル展示や担当者による説明を行う。また、2月26日9時30分からの専門技術セミナーにて、燃料電池用触媒開発と回収・リサイクルをテーマに講演を行う。

田中貴金属工業は、1885年に創業以来長年培った貴金属の技術を生かし、1985年から燃料電池用電極触媒の開発を開始。2013年には約10億円を投資して、湘南に燃料電池用触媒を開発・製造する専用工場を建設し、需要増加が期待される燃料電池触媒の安定供給体制を整えている。

今年で11回目となる今回の出展では、燃料電池が本格普及することを踏まえて、田中貴金属工業が長年、開発・製造を行っている電極触媒、改質触媒、PROX触媒、水素透過膜を一同に紹介する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ