レクサス、ミラノデザインウィーク2015 に出展…「五感」を刺激する体験を

業界 レスポンス

レクサスは、4月14日から19日まで、イタリアで開催される「ミラノデザインウィーク2015」に出展し、ミラノ市内・トルトーナ地区の「スパツィオ・レクサスートルネリア」にて「LEXUS - A JOURNEY OF THE SENSES」を開催する。

「LEXUS - A JOURNEY OF THE SENSES」では、「五感」を刺激することで得られる出会いを創出し、「想像を超えた感動を得るLEXUSとの旅」を提供する。「五感」はレクサスのデザインの根幹にあり、ドライビングプレジャーとも密接に繋がるもの。視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の五感を改めて捉え直すことで、その可能性を最大限に体験できる五感展示を実施する。また同テーマは、今年度の「レクサス デザイン アワード」のテーマとしても設定されている。

レクサスは、同プロジェクトのスペースデザイナーとしてフィリップ・ニグロ氏を、フードデザイナーとして、米田肇氏を起用する。ニグロ氏はフランスとイタリアを拠点に活動し、プロダクト、スペースの両分野において幅広い実績を持つデザイナー。米田氏は、2009年にミシュラン史上世界最短で三ツ星を獲得し、ガストロノミーをベースに独自の美意識と壮大な世界観を表現する料理人だ。

まったく異なる背景を持ちながらも、世界から大きな注目を集める2人とレクサスとのコラボレーションにより、「LEXUS - A JOURNEY OF THE SENSES」において新たなデザインの未来を切り拓く。

また、ミラノデザインウィーク2015会期中、同会場にて「レクサス デザイン アワード 2015」の入賞12作品も展示される。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • フードデザイナー 米田肇氏
  • スペースデザイナー フィリップ・ニグロ氏
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ