【シカゴモーターショー15】ヒュンダイ ベロスターに「ラリーエディション」…ラリーイメージの限定車

新車 レスポンス

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は2月13日、米国で開催中のシカゴモーターショー15において、『ベロスター』の「ラリーエディション」を初公開した。

ベロスターは2011年1月、デトロイトモーターショー11でデビューしたヒュンダイの小型スポーツクーペ。見た目は3ドアハッチバックに見えるが、ボディサイドの片側だけに、後部ドアが装備される個性的なデザインが特徴。ヒュンダイは、ベロスターを「3ドアクーペ」と呼ぶ。

シカゴモーターショー15で初公開されたラリーエディションは、同時に発表されたベロスターの2016年型に設定される1200台の限定車。車名の通り、ラリーをイメージした特別装備を盛り込む。ベースグレードは、直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ(最大出力201ps)を搭載するスポーツモデル、「R-スペック」。

外観は、ボディカラーを専用のマットブルーで塗装。足元はRAYS製の軽量アルミホイールで引き締められた。1本当たりの重量は、およそ2.3kg軽い。専用エアロキットも装備され、カーボンファイバー風のアクセントが付く。

室内は、ブラックレザー内装に、ブルーのアクセントを添えたスポーツシートを採用。6速MTのシフトレバーは、ショートストローク化。足回りは、ダンパーやスプリング、スタビライザーを専用チューンしている。

  • 森脇稔
  • ヒュンダイ ベロスター ラリーエディション
  • ヒュンダイ ベロスター ラリーエディション
  • ヒュンダイ ベロスター ラリーエディション
  • ヒュンダイ ベロスター ラリーエディション
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ