ランクセス日本法人社長「引き続き自動車業界向け軽量化素材に注力」

業界 レスポンス

ドイツの特殊化学品メーカー、ランクセスの日本法人の社長を務めるペーター・ワインマール氏は2月20日に都内で会見し、「ランクセスは引き続き自動車業界向け軽量化素材に注力していく」との方針を改めて示した。

ワインマール社長は「ランクセスは高性能プラスチックの『デュレタン』と『ポカン』、革新的な『テペックス』コンポジットシート技術、『ハイアント』技術サービスなどで、自動車メーカーに最先端の軽量化のソリューションを引き続き提供していく」とした上で、「これらのソリューションによって、ランクセスの顧客は、より軽量で、低燃費、そしてCO2排出量の少ない性能を備えた自動車の性能が可能になる。それにより環境に優しく、より効率的な世界が実現する」と強調した。

さらに「ドイツのボンド・ラミネーツ社を買収後、ランクセスは自動車業界向けに、軽量化ソリューションにおける競争力を強化するとともに軽量化製品のポートフォリオも拡大してきた。例えばアウディ『A8』向けに開発されたフロントエンドモジュールや、ZF社と提携したポルシェのブレーキペダルの開発といったプロジェクトは、自動車業界向けの主要なソリューションプロバイダーとしてのランクセスの地位を明確に示すものだ」とも話した。

  • 小松哲也
  • ランクセス ペーター・ワインマール 社長による会見(2月20日)《撮影 小松哲也》
  • ランクセス ペーター・ワインマール 社長による会見(2月20日)《撮影 小松哲也》
  • ランクセス ペーター・ワインマール 社長による会見(2月20日)《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ