【マツダ ロードスター プロトタイプ 発表】外と中の境界線をなくし「オープンカーらしさ」追求

新車 レスポンス

マツダが公開した次期型『ロードスター』のデザインは、エクステリアとインテリアの境界線をなくすことがポイントだったという。

そう話すのは、デザイン本部プロダクションデザインスタジオインテリアデザイングループの小川正人さんだ。その理由は、「オープンカーらしさを出すため」だという。

小川さんは、インテリアをデザインするにあたり、初代ロードスターをはじめ多くのクルマに乗った。その経験から、「外と中の境界がないことがオープンカーらしさを感じる」ことに気付いた。

そこで、具体的な手段のひとつとしてボディカラーをドアトリム上部にも使うことにした。「実際乗って外を走ると、景色がボンネットから全部ドアに流れていく。そのときに、一番一体感を感じてもらえるだろう」と小川さん。

また、エクステリア側も境界線をなくすためにデザインされている。デザイン本部プロダクションデザインスタジオエクステリアデザイングループの南澤正典さんによると、「運転席に座って前方を見たときのフェンダーの見え方にはこだわってデザインしている」と話す。

「フロントタイヤがどこに付いているか、曲がったときにどっちに向いているのかがきちんと理解できる。まさに操っていることが分かるような形。それはエクステリアから見ても特徴的なデザインになるだろう」と述べる。

そして、小川さんのいうボンネットからドアへ景色が流れていく様子を再現するためのモデルまで作成した。南澤さんは、「このクルマだからとことんデザインもやらなければならない。手を抜いたら皆さん振り向いてくれないと思う」とこだわりを語った。

  • 内田俊一
  • マツダ ロードスタープロトタイプ《撮影 内田俊一》
  • マツダ ロードスター プロトタイプ《画像提供 マツダ》
  • マツダ ロードスター プロトタイプ《画像提供 マツダ》
  • マツダR&Dセンターで実施された新型ロードスター「THANKS DAY in JAPAN 2nd」(2月11日)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • マツダ ロードスター プロトタイプ《画像提供 マツダ》
  • マツダ ロードスター プロトタイプ《画像提供 マツダ》
  • マツダ ロードスター プロトタイプ《画像提供 マツダ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ