【シトロエン C4ピカソ 新型】車名とパブロ・ピカソとの関係は?

新車 レスポンス

プジョー・シトロエン・ジャポンから発売されている『グランドC4ピカソ』と『C4ピカソ』。この“ピカソ”という名称は、20世紀を代表する芸術家、パブロ・ピカソにちなんで名付けられている。

シトロエンは現在、日本未導入の『C3ピカソ』も含め、3種類のピカソと名の付くクルマがある。シトロエンの中で、どういったクルマをピカソと呼んでいるのか。同社広報部シトロエンPRマネジャーの村田佳代さんによると、「実はパブロ・ピカソは陶芸や版画、油絵など様々な芸術作品を残しており、いまでいうマルチプレイヤーだった。そのマルチプレイヤーぶりをクルマに落とし込んだのが、このピカソと呼ばれるクルマなのだ」と説明。

つまり、多人数乗車だけでなく、デザイン、開放感、走行性能など、様々なベクトルに対して優れた特徴を有するクルマを指しているのだ。

そしてまた、「パブロ・ピカソが持っていた情熱や芸術性も表現されていることは当然だ」と語った。

  • 内田俊一
  • シトロエン C4ピカソ《撮影 内田俊一》
  • シトロエン C4ピカソ《撮影 内田俊一》
  • シトロエン グランドC4ピカソ《撮影 内田千鶴子》
  • シトロエン グランドC4ピカソ(右)・C4ピカソ(左)《撮影 内田俊一》
  • シトロエン グランドC4ピカソ(右)・C4ピカソ(左)《撮影 内田千鶴子》
  • シトロエン グランドC4ピカソ(右)・C4ピカソ(左)《撮影 内田俊一》
  • シトロエン グランドC4ピカソ(右)・C4ピカソ(左)《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ