【ホンダ ジェイド 発表】エクステリアデザインは「“使う楽しさ”が支配するべき」

新車 レスポンス

ホンダから発売された6人乗りの新型車、『ジェイド』のエクステリアは、多人数乗車で広大な空間を有している“スタイリッシュなクルマ”をテーマにデザインされた。

この相反するアイコンをどう表現したのか。本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン室1スタジオの中山良さんによると、「キャビンは出来るだけスリークで小さい方が良く、ボディは分厚くて地面に踏ん張っているようなフェンダーが付いていることが、クルマらしさを表現する本来のセオリーだ」と話す。

しかし、ジェイドはそれでいいのか、ホンダらしいのかと問うたときに、「ジェイドで一番表現したい、広大な空間とスタイリッシュさという、相反する部分をどうデザインに落とし込んでいくかが一番のテーマだと改めて考えた」と説明する。

そのサイドのデザインを見ると、曲線を描くベルトラインが特徴だ。「地面は水平で全ての基準だ。そこにタイヤがある。通常の水平基調のベルトラインを引いて、ホンダがお客様に提供する空間を単に見せただけでは、凄く鈍重なクルマになってしまう。そこで、タイヤとボディを一直線状に並べてみようとイメージした。つまり、タイヤがあってそこにキャビンがもぐりこんでいるような姿であれば、より地面に踏ん張った形になる」と萩原さん。

ベルトラインを単に上げる(ボディを分厚く見せる)手法は、室内にいる人間には閉塞感が生まれる。そこはホンダの考える空間コンシャスとは違うと萩原さんはいう。「ドライブしているときには、クルマのコックピットの周りだけに視線があるわけではない。海がスカッと見えて広い空が見えた方がいいだろう。助手席やリアに乗っている人と景色を共有して乗ることが出来るなど、使っているときの楽しさが、クルマのスタイリングを支配するべきだろうと考えたのが一番大きい」と曲線のベルトラインの特徴と、エクステリアデザインへの考えを語った。

  • 内田俊一
  • ホンダ ジェイド《撮影 内田俊一》
  • ホンダ ジェイド《撮影 内田俊一》
  • ホンダ ジェイド《撮影 内田俊一》
  • ホンダ ジェイド《撮影 内田俊一》
  • ホンダ ジェイド《撮影 内田俊一》
  • ホンダ ジェイド《撮影 内田俊一》
  • ホンダ ジェイド《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ