【ホンダ ジェイド 発売】ホンダ ミニバンの変革…初代 オデッセイ への原点回帰

新車 レスポンス

ホンダが発売した新型ミニバン『ジェイド』。同車は6人乗り3列シートのミニバンながら全長4650×全高1775mmという、セダン並みのコンパクトさ(ちなみに新型『レジェンド』は全長4995×全幅1890mm)を誇っている。かつてホンダは、1994年に『オデッセイ』をリリースし大ヒットを記録したが、現在のオデッセイは初代に比べボディサイズが大柄となってしまった。新型ジェイドは、そこに開いた“穴”を埋める存在なのだろうか。

現行のオデッセイが大柄となったのには、ユーザーの趣向の変化とともに、ミニバンに対する自動車業界全体の流れも起因している。ジェイドの開発責任者である印南泰孝氏は「かつて自動車業界全体が、オデッセイのような乗用ミニバンを作っていた。しかし現在はほとんどのメーカーがこのクラスから撤退してしまった」。続けて「一方、『ステップワゴン』のようなユーティリティ系のミニバンは右肩上がりで増えていった。そこで我々はラインアップの整理が必要と判断した」と話す。

ホンダのミニバンは、オデッセイをはじめかつては『エリシオン』『ストリーム』が存在したが、現在ミニバンとしてラインアップされているのはオデッセイ、ステップワゴン(及び『スパーダ』)、『フリード』に加え今回のジェイドの4車種となっている。

このラインアップとなった経緯を印南氏は「ステップワゴンとフリードは、ユーティリティ系のミニバンとしてユーザーに受け入れられているので、整理の必要はない。しかし、オデッセイとエリシオン、ストリームは、発売当初に比べて販売台数が伸び悩んでいたこともあり、これらを統合・廃止し、訴求力を高めたクルマを登場させる必要があった」と話した。

その結果、オデッセイはエリシオンの血統を受け継ぎ、現行型へ。そしてオデッセイとストリームを融合したのが新型ジェイドとなったのだ。印南氏は「もっとコンパクトなミニバンを、というユーザーからの声を聞いていたこともあり、ジェイドは、初代オデッセイよりのモデルとすると結論づけた。つまり“原点回帰”。乗用車かつミニバンというホンダが切り開いたジャンルと価値を、もう一度世の中に示したい」と語った。

  • 阿部哲也
  • ホンダ ジェイド《撮影 阿部哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 阿部哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 阿部哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 阿部哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 阿部哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 阿部哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 阿部哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 阿部哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 阿部哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 阿部哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 阿部哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 阿部哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 阿部哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 阿部哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 阿部哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ