【シトロエン C4ピカソ 新型】7人乗りと5人乗り、それぞれ別のデザイナーがデザイン

新車 レスポンス

プジョー・シトロエン・ジャポンが発売を開始した、シトロエン『グランドC4ピカソ』は7人乗り、『C4ピカソ』は5人乗りと2つのボディバリエーションを持っている。

7人乗りだった先代C4ピカソは、グランドC4ピカソに名前を変え、フランスでの名称と統一された。同時に、5人乗りが新たに追加されたのが新型車の構成である。

そのデザインについて、同社広報部シトロエンPRマネジャーの村田佳代さんは、「シトロエンといえば非常にユニークなデザインが数多く存在するが、このピカソも例外ではない」という。

デザインのポイントは、C4ピカソは単にグランドC4ピカソを短くしたものではないということだ。その差異について村田さんは、「C4ピカソのサイドウインドウはクロームモールで取り囲まれているのに対し、グランドC4ピカソはルーフからテールゲートまで大きなグレーのラインで囲まれ、いずれもシトロエンの“C”という頭文字をモチーフにしたデザインだ」と述べる。

またプレスラインも、「C4ピカソはエッジを効かせアクセントを強調してスポーティらしさを出しているが、グランドC4ピカソでは対照的に緩やかでやさしい、ファミリーカーらしいデザインに仕上げいている」と説明。

リアのデザインも大きく異なり、それぞれDSラインでおなじみの3Dのコンビネーションランプを採用しているが、「C4ピカソは横に広くレイアウトすることで、スポーティなイメージを、グランドC4ピカソは広々としたラゲージルームのイメージを演出するデザインだ」とそれぞれの特徴を話す。

フロントでも、ダブルシェブロン(シトロエンのエンブレム)とLEDヘッドランプのレイアウトやフロントグリルのデザインも少しずつ変えている。

村田さんによると、「この2モデルは別のデザイナーによってデザインされ、プロジェクトチームも違っている。つまり、それぞれ異なるコンセプトを持つ2台なのだ」とし、デザインのトップによってコントロールされながらも、それぞれのデザインチームが各コンセプトに基づいてデザインしたことを語った。

  • 内田俊一
  • シトロエン グランドC4ピカソ《撮影 内田俊一》
  • シトロエン C4ピカソ《撮影 内田俊一》
  • シトロエン グランドC4ピカソ《撮影 内田俊一》
  • シトロエン C4ピカソ《撮影 内田俊一》
  • シトロエン グランドC4ピカソ《撮影 内田俊一》
  • シトロエン C4ピカソ《撮影 内田俊一》
  • シトロエン グランドC4ピカソ《撮影 内田俊一》
  • シトロエン C4ピカソ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ