トヨタ、販売店業務システムを全面改良…営業担当者向け端末をタブレット化

業界 レスポンス

トヨタ自動車は、全国の系列販売店向け業務システム「ai21(アイ21)」の全面改良を、2014年12月に実施、2月23日より販売店への本格展開を開始した。

ai21は、トヨタが提供する、車両販売店向け統合型業務システム。営業担当者の商談・受注管理から、購入後の点検・整備の案内/受付業務、財務会計・人事給与といった事務領域まで、幅広い範囲を総合的にカバーする。2001年から展開を開始し、現在では全国のトヨタの販売会社約300社が利用している。

今回のai21全面改良では、営業支援系機能をタブレット端末に対応。展示車周辺の立ち話や顧客の玄関先などでも、動画を交えた商品説明や、割賦商品と組み合わせた買い方の提案を可能とした。全面改良は、2007年以来2度目。トヨタ系全チャネルおよびレクサス店の合計約5000店舗で、12月までに新システムに順次切替える。

さらに同社では、基幹業務系機能のWeb化や高効率なクラウド型のサーバーセンター構築等も実施。販売店のITコスト低減やシステム担当者の工数削減といった、販売店の業務効率向上も見込んでいる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • タブレット画面 商談メモ
  • タブレット画面 商品提案
  • タブレット画面 商品説明
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ