レジェンドオブ鈴鹿がリニューアル、ホンダの歴代F1マシンを展示

モータースポーツ レスポンス

鈴鹿サーキットは、レーシングシアター内の「レジェンドオブ鈴鹿」をリニューアル。「Honda F1 挑戦の軌跡」をテーマとし、1964年の初参戦以来3期に渡ったホンダのF1挑戦を当時のマシンとともに紹介する。

1964年から5年に渡ったホンダの第1期F1参戦からは、その最後を飾った「ホンダ RA301(1968年)」と、エンジン規定が1500ccから3000ccに変更された1966年のシーズン後半に登場した「ホンダ RA273(1966年)」を展示。

第2期からはドライバーズ、コンストラクターズ初のダブルチャンピオンを獲得した「ウイリアムズ・ホンダ FW11B(1987年)」、第3期からはヤルノ・トゥルーリ、ハインツ・ハラルド・フレンツェン、ジャン・アレジらがドライブした「ジョーダン・ホンダ EJ11 (2001年)」が展示される。

開催期間は2016年2月中旬まで。ただし、RA301は3月8日から、RA273は3月9日からの展示となる。レーシングシアターの利用には1人様800円またはゆうえんちモートピアパスポートが必要。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ