【ジュネーブモーターショー15】レンジローバー イヴォーク に2016年型…表情一新

新車 レスポンス

英国の高級SUVメーカー、ランドローバーは2月23日、『レンジローバー イヴォーク』の2016年モデルの概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー15で初公開される。

レンジローバー イヴォークは、2011年に発表。以来、累計生産台数40万台を超えるヒット作に。シュネーブモーターショー15で初公開される2016年型は、デビューからおよそ5年を経て、初の大幅改良が施されるモデルとなる。

外観は、フロントマスクを中心に、変更。大きな特徴が、ランドローバーとしては初のフルLEDアダプティブヘッドランプの採用。ランドローバーによると、夜間の視認性の向上、コーナリング走行時の安全性の向上、個性的なヘッドランプデザインなどの長所があるという。バンパーやグリルのデザインも新しい。

室内は、シートやドアトリムが新デザイン。ソフトタッチ素材を採用するなど、インテリアのグレードアップが図られた。新開発の8インチモニターを核にしたインフォテインメントシステムも用意。

また、2016年モデルには、新エンジンを導入。ジャガー・ランドローバーの新世代「インジニウム」から、「TD4」エンジンを搭載する。このターボディーゼルは、オールアルミ製で、従来エンジン比で最大30kg軽量化。最大出力は150psと180psの2種類があり、150ps仕様の場合、欧州複合モード燃費23.8km/リットル、CO2排出量109g/kmの優れた環境性能を実現している。

  • 森脇稔
  • レンジローバー イヴォーク の2016年モデル
  • レンジローバー イヴォーク の2016年モデル
  • レンジローバー イヴォーク の2016年モデル
  • レンジローバー イヴォーク の2016年モデル
  • レンジローバー イヴォーク の2016年モデル
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ