【ジュネーブモーターショー15】リヒテンシュタインのナノフローセル、小型車も初公開へ

新車 レスポンス

リヒテンシュタインのナノフローセル(nanoFLOWCELL)社が3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー15において、もう1台のコンセプトカーを初公開する。

ナノフローセル社は、リヒテンシュタインに本拠を置く新興企業。同社は2014年3月、ジュネーブモーターショー14において、コンセプトカーの『クヮントeスポーツリムジン』を発表。

クヮントeスポーツリムジンは、同社のヌンツィオ・ラ・ベキア氏が中心になって、開発が進められた特別な研究開発車両。その開発には、ドイツの自動車部品大手、ボッシュも参画している。

このクヮントeスポーツリムジンの進化形として、ジュネーブモーターショー15で初公開されるのが『クヮントF』。これとは別にもう1台、ジュネーブモーターショー15で、コンセプトカーがワールドプレミアを飾る。

2月10日、同社は公式Facebookページを通じて、ジュネーブモーターショー15で初公開するもう1台のコンセプトカーの予告イメージを配信。4シーターリムジンのクヮントFとは異なり、コンパクトボディが確認できる。

  • 森脇稔
  • ナノフローセルのクヮントF
  • ナノフローセルのクヮントF
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ