【F1】アロンソ無事に退院、最終合同テストは大事をとって欠席

モータースポーツ レスポンス

スペイン・バルセロナのカタロニア・サーキットでのテスト中にクラッシュし、病院に緊急搬送されたフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が、25日に退院したことをチームが発表した。

今季2回目となるプレシーズン合同テストの最終日。マクラーレン・ホンダ『MP4-30』のテストを担当したアロンソだったが、突然の強風が影響しコースアウト。内側のコンクリートバリアに激突した。駆けつけたメディカルチームに救出されドクターヘリで病院へ向かったが、検査の結果異常はなかった。その後は経過観察のため数日間入院していた。

病院を出たアロンソは、家族が待つ自宅へ帰り、そのまましばらく療養するとのこと。従って、明日から始まる最終合同テストは欠席することもチームが明らかにした。

代わりにリザーブドライバーのケビン・マグヌッセンがドライブ予定でジェンソン・バトンとともに開幕戦に向けてのマシンの熟成につとめる。

  • 吉田 知弘
  • フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)《画像 Getty Images》
  • ケビン・マグヌッセン(マクラーレン)《画像 Getty Images》
  • ドクターヘリで病院に搬送されるアロンソ《画像 Getty Images》
  • クラッシュ後、メディカルチームに救助されるアロンソ《画像 Getty Images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ