【スマートエネルギーウィーク15】一番人気はやはりあの車…MIRAI の周りは常に黒山の人だかり

業界 レスポンス

「スマートエネルギーウィーク2015」が2月25日、東京ビッグサイトで開幕した。今回は世界中から1580社が出展。会場は多くの人で賑わっていた。その中でひときわ人気があったのが“あの車”、そう昨年12月に発売になったトヨタ自動車の『MIRAI』だ。

その車を展示した水素供給・利用技術研究組合(HySUT)のブースは人で溢れ、車の周りは常に黒山の人だかりだった。同組合は水素供給事業と燃料電池自動車(FCV)の普及を目指すため、エネルギー関連企業、自動車メーカーなど19の会社・団体によって2009年に設立された。そして、今回の目玉がMIRAI。

この車を見るために会場にやってきた人も多く、入口では「まずMIRAIを見に行こう」という声も聞かれたほど。車を見たほとんどの人がカメラに納め、なめるように見る人も続出した。

また、HySUTでは、MIRAI(3台)、ホンダの『FCX クラリティ』、日産自動車の『XトレイルFCV』の計5台の試乗車を用意。MIRAIについては希望する人が多く、「受付開始と同時に、すべての枠が埋まってしまいました」と同組合関係者は驚いていた。展示会は27日まで開催されるが、おそらくMIRAIの人気ぶりは変わらないだろう。

  • 山田清志
  • 『MIRAI』の周りには常に多くの人が《撮影 山田清志》
  • トヨタ自動車の『MIRAI』《撮影 山田清志》
  • トヨタ MIRAI(資料画像)《撮影 宮崎壮人》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ