消防士が飲酒運転、短時間に2度の衝突事故

社会 レスポンス

21日午前5時ごろ、奈良県奈良市内の名阪国道(国道25号)でガードレールに衝突していた乗用車をパトロール中の警官が発見した。運転していた33歳の男性消防士は酒に酔った状態。三重県名張市内でも事故を起こし、逃走していたことが判明している。

奈良県警・高速隊によると、現場は奈良市針町付近で片側2車線の緩やかなカーブ。パトロールしていた同隊の隊員が、道路左側のガードレールに衝突している乗用車を発見。運転していた三重県名張市内に在住する33歳の男性消防士は酒に酔った状態。顔面や胸部を打撲する重傷を負い、近くの病院へ収容された。

後の調べで、この男性は同日の午前3時50分ごろ、名張市黒田付近の国道165号で乗用車を運転中に電柱へ衝突する事故を起こし、大破したクルマを現場へ放置して逃走していたこともわかった。事故後にこの現場近くの実家へ向かい、別のクルマに乗り換えて逃走を続け、奈良市内での事故を起こしていた。

簡易聴取に対して男性は、奈良市での事故については「酒を飲んだ後にクルマを運転していた経緯を覚えていない」としながらも、名張市での事故については「地元にいられなくなると思い、遠くに行こうと思った」などと供述しているようだ。警察では男性の回復を待ち、道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で事情を聞く方針だ。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ