ホンダ、ディオ110 をフルモデルチェンジ…次世代エンジン搭載で燃費向上

モーターサイクル レスポンス

ホンダは、原付2種スクーター『ディオ110』をフルモデルチェンジし、3月6日より販売を開始する。

今回のフルモデルチェンジでは、使い勝手と燃費性能の向上と、より上質感のあるスタイリングを追求した。

パワーユニットは、アイドリングストップ機構を備えた次世代小型スクーター用エンジン「eSP」の空冷版を搭載。57.9km/リットル(60km/h定地走行テスト値)という優れた燃費性能を実現する。また、燃焼効率の向上により、最高出力値は従来モデルに対し約6%向上させた9psを実現するなど、優れた燃費性能と力強い走りを両立している。

車体・足回りは、フレームを新開発し、従来モデルに対して車両重量を3kg軽量化。また、ゆとりある走行に寄与する、大径14インチタイヤを継承している。

スタイリングは、「スタンダードでありながら上質を兼ね備えた洗練のカタチ」をデザインテーマに掲げ、流麗かつ立体的な面構成を採用。カラーバリエーションは、ブルーメタリック、ホワイト、シルバーメタリック、ブラックメタリックの4種類を用意する。

価格は22万8960円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ ディオ110
  • ホンダ ディオ110
  • ホンダ ディオ110
  • ホンダ ディオ110
  • ホンダ ディオ110
  • ホンダ ディオ110
  • ホンダ ディオ110
  • ホンダ ディオ110
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ