【マツダ CX-3 発売】チーフデザイナー「プロポーションの基礎を磨いた」

新車 レスポンス

マツダは2月27日、コンパクトなクロスオーバーSUVの新モデル『CX-3』を発売した。国内向けは1.5リットルのディーゼルエンジンのみで、月間3000台の販売を計画している。

CX-3は2BOXコンパクトの『デミオ』とプラットフォーム(車台)が共通で、ホイールベースは同一。だが、それ以外の寸法は異なり「魂動デザイン」の精神をコンパクトクロスオーバーに凝縮したといえる。チーフデザイナーを務めたデザイン本部の松田陽一氏は、「美しさの本質はプロポ―ションの基礎を磨くこと」と、小ぶりな新モデルを美しく仕上げることに腐心したという。

松田氏が指摘するプロポーションの「基礎」は、「大径のタイヤ・ホイール」、外からは小さく見える「タイトなキャビン」、ボンネット部の「ロングノーズ」など。これらを追求して「デミオと同じホイールベースだからと言い訳しないデザイン」(松田氏)を追求した。実車を見ると、とりわけ車体サイドの伸びやかさが印象的。とてもデミオとホイールベースが同寸法とは思えない落着きと、安定感が伝わってくるから不思議だ。

  • 池原照雄
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3 チーフデザイナー 松田陽一氏《撮影 池原照雄》
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ