【SUPER GT】Audi Team Hitotsuyama…さらに充実した体制で今季もGT300に挑む

モータースポーツ レスポンス

SUPER GTシリーズに参戦している「Audi Team Hitotsuyama」は、2月25日に2015年参戦体制をリリース発表し、今季もリチャード・ライアン&藤井誠暢(とものぶ)のコンビが「Audi R8 LMS ultra」でGT300クラスに挑むことを明らかにした。

GT300クラスは近年、BMWにメルセデス、そしてアウディというドイツ3大メーカーが本腰を入れてきつつあるカテゴリー。世界的に広く使われている市販GT3規定マシンのさらなる高性能化を図っているのは当然として、それを使ってGT300に参戦するチームを日本法人およびドイツ本国のレース部門等が支援するかたちも珍しくなくなってきているほどだ。この「Audi Team Hitotsuyama」も、Audi JapanとAudi Sportからのサポートを受けて戦う“GT300最前線チーム”のひとつである。

ドライバーはライアンと藤井で変わらず。ライアンはフォーミュラ・ニッポン(現スーパーフォーミュラ)とGT500の双方でチャンピオンになった経験をもち、藤井もGT300で長きに渡って上位の一角を占めてきたドライバーという、力量確かなコンビだ。マシンも「Audi R8 LMS ultra」、装着タイヤもヨコハマで不動。

強力かつ継続性をもったパッケージで今季を戦うAudi Team Hitotsuyamaだが、Audi JapanおよびAudi Sportからのサポートはさらに厚みを増す。近年の欧州におけるトップシリーズとして知られる「ブランパン GT シリーズ」でチャンピオンを獲得するなどしているアウディ系の強豪チーム、ベルギーの「WRT(W-Racing Team)」との提携関係が結ばれたのだ。

今季はAudi Team HitotsuyamaにSUPER GT全戦でWRTからもエンジニア・メカニックが派遣され、コラボレーションチームとして活動することになる。R8をよく知るWRTという頼もしい味方を得て、昨年まで以上に“ワークス”に近い体制を築いた今季のAudi Team Hitotsuyamaがどんな戦いを展開するか、これはシリーズのカギともなりそうな要素だ。

また25日の時点では、長距離戦における第3ドライバーに関しては後日発表となっていたが、27日に追加リリースがあり、Audi Sportのファクトリードライバー、ステファン・オルテリの起用が決定。500kmの第2戦富士と1000kmの第5戦鈴鹿では、ライアンと藤井に加えてオルテリが参陣する予定となった。

オルテリはルマン24時間レース総合優勝(1998年)の経験もある44歳のベテラン。ライアン&藤井にとっては心強い援軍となるだろう。また、他のドイツ車陣営にもファクトリー(ワークス)ドライバーのレギュラー参戦やスポット参戦という動きが出てきている昨今だけに、そういう意味での戦いの激化ぶりもファンには楽しみなところだ。

チームはオルテリも参加する岡山国際サーキットでの公式テスト(3月14〜15日)を経て、同サーキットでの開幕戦(4月4〜5日)に臨む。昨季は第4戦SUGOでの3位が唯一の表彰台だったAudi Team Hitotsuyamaだが、より充実度を増した体制で今季は優勝、そしてチャンピオンの座を狙ってゆく。

  • 遠藤俊幸
  • #21 アウディR8の昨年の決勝最高位はSUGO戦での3位。写真:GTA(2014年)
  • 2014年開幕戦のスターティンググリッド。
  • 今年も#21 アウディはライアンと藤井のコンビ(写真は2014年シーズン)。
  • 2014年開幕戦のスターティンググリッド。
  • ピットで準備を進める「Audi Team Hitotsuyama」(写真は2014年シーズン)。
  • Audi Team HitotsuyamaのGT300参戦マシンは今季も「Audi R8 LMS ultra」(写真は2014年シーズン)。
  • 2014年のSUGO戦、ライアン&藤井は3位で表彰台に立った。写真:GTA
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ