三菱自動車など、インドネシアに年産16万台の新工場建設…2017年4月操業開始

業界 レスポンス

三菱自動車と三菱商事は2月27日、現地パートナーであるPT Krama Yudha(KY)とともに、新生産合弁会社 ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシア(MMKI)を設立、ジャカルタ市の東37kmに位置するGIIC工業団地に新工場を建設すると発表した。

三菱自動車、三菱商事、KYの3社は、インドネシアにおいて1970年から生産・販売を続け、2014年末には累計130万台の販売を達成。インドネシアは、経済成長とともに需要の増加が期待される市場であり、今後その成長を確実に取り込むためには、これまでの小型商用車中心から乗用車への展開拡大が必要となっていた。

新工場は、2017年4月に操業を開始し、生産能力は年16万台。従来の生産車種『コルト L300』等に加え、新たに開発する小型MPVと、新型SUV『パジェロスポーツ』の乗用車を生産する。生産車両の一部はアセアン各国にも輸出する予定で、タイに続くアセアンの主要生産拠点となる。なお、新型車開発費を含めた総投資額は約600億円となる予定。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ