【ジュネーブモーターショー15】キア、スポーツスペース 発表…欧州Dセグワゴンを提案

新車 レスポンス

韓国のキアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は2月27日、コンセプトカーの『スポーツスペース』の概要を明らかにした。実車は3月3日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー15で初公開される。

スポーツスペースは、キアのドイツ・フランクフルトのデザインスタジオが手がけた11番目のコンセプトカー。ボディサイズは、Dセグメント。激戦の欧州Dセグメントに、将来投入されるキアの新型車を示唆した1台が、スポーツスペース。

ステーションワゴンボディのフロントには、キアのデザインアイデンティティの「タイガーノーズ」グリルを採用。フロントからリアエンドに続く力強いボディラインが目を引く。

ボディサイズは、全長4855mm、全幅1870mm、全高1425mm、ホイールベース2840mm。前後シートは快適性が重視され、荷物スペースはゆとりや機能性が追求された。

パワートレインは、パリモーターショー14で初公開された『オプティマT-ハイブリッド』と同じ。欧州らしくディーゼルエンジンが基本。1.7リットル直列4気筒ターボディーゼル「CRDi」は、電動スーパーチャージャーでも過給されており、小型モーターと48Vのカーボン電池を組み合わせている。

  • 森脇稔
  • キア スポーツスペース
  • キア スポーツスペース
  • キア スポーツスペース
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ