コンチネンタル、「大きく・細い」EV・HV向けタイヤを新開発

エコカー レスポンス

独コンチネンタルタイヤは、電気自動車(EV)とハイブリッド車(HV)向けに特別開発したタイヤ「Conti.eContact(2タイプ)」をラインアップに追加した。

EV用の開発コンセプトは「Tall and Narrow(大きく、細い)」。20インチタイヤは、乗用車用タイヤとしては非常に径が大きく、比較的幅が細くなっている。特殊サイズにより転がり抵抗を約30%低減。また、タイヤのあらゆる構成部分を検証し直し、転がり抵抗の最適化を図った。

HV用は17インチ、18インチを用意し、パワーが必要なSUV車でも使用可能。従来のタイヤと共通する部分も多くあり、見た目は従来タイヤと同じにも見えるが、開発エンジニアがあらゆる構成部分を厳しく吟味。転がり抵抗を約20%低減させた。HV用は、同社製タイヤとしては初めて、「転がり抵抗」と「ウェットグリップ性能」において、EUタイヤラベリング制度で「A」評価を獲得した。

また、両タイヤともウェットとドライいずれの路面でも卓越したパフォーマンスを発揮。EV用の場合、航続距離を最大6%向上させることができるという。また、HV用の場合も転がり抵抗の低減により電気モードでの航続距離が増え、環境だけでなく運用コストの削減にも貢献する。

Conti.eContactシリーズは、すでにVWやルノーから装着タイヤとしての承認を得ているほか、今年中にドイツや欧州の他の主要な自動車メーカーから承認が得られる予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • コンチネンタル Conti.eContact
  • コンチネンタル Conti.eContact
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ