2月の新車総販売台数は14.7%の落ち込み

業界 レスポンス

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が3月2日に発表した2月の新車販売統計(速報)は、総台数が前年同月比14.7%減の48万2103台と、1月(19.1%減)に続いて大きく落ち込んだ。マイナスは2か月連続。

消費税引き上げ前の駆け込み需要が大きかった昨年の反動が続いている。ただ、1昨年2月との比較では1%の小幅ながら上回った。2月の総販売のうち登録車は14.2%減の28万8348台で、昨年8月から7か月連続のマイナス。軽自動車も15.4%減の19万3755台と不振で、2か月続けて減少した。

昨年、激しいシェアトップ争いが続いた軽は、通年で2位だったダイハツ工業がスズキを上回り、3か月連続で首位をキープした。メーカー別では普通車の需要が堅調なトラック専業メーカーの日野自動車、いすゞ自動車、UDトラックスの3社が前年を上回ったものの、乗用車8社は軒並みマイナスだった。その中で、軽自動車を除いた登録車に限れば、新商品群が好調なマツダ(3.1%増)と富士重工業(スバル=21.7%増)の2社が前年を上回った。

  • 池原照雄
  • スバル レヴォーグ《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ