【スマートエネルギーウィーク15】世界初の中身が透けて見える消火器、今年から大量生産へ

業界 レスポンス

消火器といえば、容器は金属製と相場が決まっていたが、初田製作所(本社・大阪府枚方市)の消火器「CALMIE(カルミエ)」はその常識を覆すものだ。なにしろ、容器が樹脂製で、しかも透明で中身が見えるのだ。

もちろん、そんな消火器は世界初。「うちは100年以上にわたって消火器をつくってきましたが、見た目がよく、高齢者や子どもも安心して使えるものはどういうものかと考え、昨年このカルミエを出しました」と同社関係者は話す。

新素材のPEN(ポリエチレンナフタレート)などの樹脂を使い、重さは従来の金属製容器の半分。また、耐久性も高く、金属製の倍以上とのことだ。通常、金属製のものは10年ぐらいすると劣化してしまい、レバーを引いた瞬間に爆発してしまうことがあるそうだが、このカルミエは促進耐候性試験の結果、経年による劣化が20年なかったという。

しかも、融点が約270度と、金属製のものに比べて低いため、内圧が上昇する前に溶融してしまう。金属製のものだと、内圧が上昇して爆発し、その破片が刃物のように飛び散るが、この消火器にはそんな心配はないわけだ。おまけに中身が見えるので、消火剤の状況が常に確認できる。

唯一の難点は価格が金属製のものよりも2〜3割高いということ。ただ、これも販売数を増やしていけば、徐々に下がっていくそうで、今年から大量生産を開始する予定だ。「昨年は1万本ほどでしたが、今年は11万本を販売したいと考えています。採用を検討している会社も増えているので楽しみです」と同社関係者は話し、手応えを感じている様子だった。

  • 山田清志
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ