三菱重工プラテック、長繊維強化プラスチック成形品の混練・射出成形装置を開発

業界 レスポンス

三菱重工プラテックは、ガラス繊維とポリプロピレン(PP)樹脂を、単一工程で高強度の長繊維強化プラスチック(LFT)成形製品に加工できる混練・射出成形装置「D-LFTシステム」を開発、販売を開始した。

D-LFTシステムは、独自のスクリュ形状やガラス繊維供給方法などの工夫により、混練済みの材料ペレット(コンパウンド)の購入は不要。樹脂材料とガラス繊維を素材レベルでシステムに投入することで、高強度・高剛性のLFT成品に加工できる。

コスト面では、コンパウンド材料を購入して射出成形する場合に比べ、25%程度の原料コスト低減効果が見込める。また、混練工程を射出成形工程と一体化したことで、製造ラインのコンパクト化も実現する。

自動車製造業界では現在、燃費性能の向上を狙いに車体軽量化の動きが活発で、金属製の部品をプラスチック製に転換するニーズが拡大している。特に大物部品や外装部位などは、高い強度や剛性が求められることから、長繊維強化プラスチック製品の中に長い繊維長をできるだけ維持して大物の成形品をつくることができる技術への関心が高まっている。

三菱重工プラテックは今回、最も需要が明確になっているガラス・PPの長繊維プラスチック成形品を低コストで製造できるD-LFTシステムを優先開発。今後は自動車関連以外にも、大物家電製品分野や建物内外装品分野などさまざまな製造業界に展開していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ