損保ジャパン日本興亜の安全運転支援、デジアナコミュのビッグデータ処理サービス活用

業界 レスポンス

デジアナコミュニケーションズは、損害保険ジャパン日本興亜が3月から提供を開始する、企業向け安全運転支援サービス「スマイリングロード」へビッグデータの処理・管理システムを開発し、その運用を含めたサービスの提供を開始した。

スマイリングロードは、企業の社有車向けに貸与した通信機能付きドライブレコーダーから走行データを収集し、ビッグデータ解析により安全運転支援を行う。主に「見える」「分かる」「ほめる」の3つの機能で、ドライバーおよび管理者へ安全運転診断や危険運転などの情報をスマートフォンやWebサイトでフィードバックし、ドライバーの安全運転意識向上や管理者の効率的な指導を支援する。

ドライブレコーダーによって取得したGPS・加速度センサー・写真データは、3G通信回線を経由してデジアナコミュニケーションズのサーバにて受信。蓄積した膨大な走行データ等をデジアナコミュニケーションズが開発したWebシステムにおいて管理・運用を行う。これらのデータは、損保ジャパン日本興亜の独自アルゴリズムにより分析され、運転診断情報としてドライバーおよび管理者へ提供される。

さらに、運転診断情報に基づきドライバーへ付与されるポイントの管理システムや懸賞への応募サイトをはじめ、ドライバーごとの運転診断結果を集計し、レポートの閲覧ができる管理者サイトや、本サービスのプロモーションサイトや申込サイトの開発・運用を行っている。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ