NEC、国内のハードウェア開発・生産拠点を再編…車載機器製造の移管など

業界 レスポンス

NECは、社会ソリューション事業で、ものづくり力を強化するため、国内のハードウェア開発・生産拠点を再編する。

車載機器などを開発・生産する長野日本電気の機能を、2016年度末までにNECプラットフォームズに移管する。また、携帯電話端末などを開発・生産する埼玉日本電気の機能を、2016年度末までにNECグループ内のハードウェア開発・生産拠点に移管する。

NECは、2014年7月にハードウェア開発・生産子会社4社を統合し、コンピュータ機器から通信機器、端末・組込み機器までの開発・生産を一元的に担う中核会社としてNECプラットフォームズを発足した。

今回の生産体制の再編も、ものづくり改革の一環で、各拠点が強みを持つ無線通信技術や、高密度実装技術、高信頼性製品生産技術などのものづくり技術を融合するとともに、集中投資することで、グローバルで競争力のある製品の創出を図る。

また、生産革新などのノウハウ共有や部品の内製化、フロントローディング活動などを通じて品質、コスト、供給体制の強化を図る。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ