【ジュネーブモーターショー15】ブガッティ ヴェイロンに最終形、「ラ・フィナーレ」…量産第一号車と同仕様

新車 レスポンス

フランスの高級車メーカー、ブガッティは3月2日(日本時間3月3日未明)、スイスで開催したジュネーブモーターショー15のプレビューイベントにおいて、『ヴェイロン』の「ラ・フィナーレ」(La Finale)を初公開した。

ヴェイロンは、2005年の東京モーターショーで市販モデルを発表。8.0リットルW16気筒エンジンに4つのターボを装着し、最大出力1001ps、最大トルク127.5kgmという桁外れのスペックを実現する。強大なパワーは7速DSGとフルタイム4WDで路面に伝えられ、0-100km/h加速2.5秒、最高速407km/hという世界最高峰のパフォーマンスを可能にしていた。

このヴェイロンが、ついに生産を終了。それは、当初の計画通り、ヴェイロンの生産台数が限定450台に到達したため。その内訳は、クーペボディが300台、オープンボディの「グランスポーツ」が150台。すでにクーペは生産を終了しており、完売。今回、グランスポーツも150台が売れ、合計450台が完売に至った。

ジュネーブモーターショー15で初公開されたのは、まさに最終のヴェイロン。『ヴェイロン16.4 グランスポーツ ヴィテッセ』のラ・フィナーレと命名された1台が、有終の美を飾った。

この最終ヴェイロン、中東の顧客がオーダーした1台。フロントバンパーとリアスポイラーに、「La Finale」の文字が添えられた。また、ボディカラーは、ブラック+レッドのツートン。これは、ヴェイロンの量産第一号車と、同じカラー。赤+ベージュの内装も、ヴェイロンの量産第一号車と同仕様とした。

8.0リットルW16気筒+4ターボは、最大出力1200ps、最大トルク127.5kgmを発生。0-100km/h加速は2.6秒、最高速は410km/hと、今なお世界最高峰の実力を秘めている。

  • 森脇稔
  • ブガッティ ヴェイロン ラ・フィナーレ《撮影 太宰吉崇》
  • ブガッティ ヴェイロン ラ・フィナーレ《撮影 太宰吉崇》
  • ブガッティ ヴェイロン ラ・フィナーレ
  • ブガッティ ヴェイロン ラ・フィナーレ
  • ブガッティ ヴェイロン ラ・フィナーレ
  • ブガッティ ヴェイロン ラ・フィナーレ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ