【ジュネーブモーターショー15】スズキ、iM-4 初公開…小型4WD車を提案

新車 レスポンス

スズキは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、コンセプトカーの『iM-4』をワールドプレミアした。

iM-4は、個性的な小型4WD車。コンセプトは、「インスピレーションを形にする」。スズキ4WDのDNAと最新技術を、個性的なデザインにパッケージング。コンパクトカーの行動範囲や、自己表現の可能性と楽しさを拡げ、乗り手にインスピレーションを与える新提案モデルが、iM-4。

エクステリアは、シンプルながら愛着や親しみがあり、かつ新しさを感じるデザインを表現。『エスクード』などのスズキ4WD車の特徴である貝殻形状のボンネットや、『スイフト』などに採用されている黒色のA・Bピラーを採用。さらに、初代『セルボ』や『フロンテクーペ』から受け継いだCピラー周りからリアへの造形など、スズキの伝統を感じさせるデザインを導入する。

なお、ボディサイズは、全長3693mm、全幅1709mm、全高1566mm。

パワートレインは、マイルドハイブリッドの「SHVS」を採用した1.2リットルの「デュアルジェット」 。低燃費や低CO2排出を追求する。次世代軽量プラットフォームも採用。スズキによると、4WDシステムと高い最低地上高により、雪や未舗装路でも安心して走れる走行性能を実現しているという。

  • 森脇稔
  • スズキ iM-4(ジュネーブモーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
  • スズキ iM-4
  • スズキ iM-4
  • スズキ iM-4
  • スズキ iM-4
  • スズキ iM-4
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ