【ジュネーブモーターショー15】スズキ 理想のコンパクトカー? iK-2 発表

新車 レスポンス

スズキは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、コンセプトカーの『iK-2』を初公開した。

iK-2は「調和した力」をコンセプトに掲げ、デザイン、実用性、快適性、操縦性、走行性、燃費というコンパクトカーに必要とされる要素を、高次元で融合。コンパクトカーの価値を極限まで高めたスズキが考える理想のコンパクトカーが、iK-2。

外観は、水の塊が動き出す時のエネルギー移動をイメージ。流れるような優雅さと、全高を抑え、全幅を広く取ったダイナミックさを併せ持つデザインとした。

ボディサイズは、全長4023mm、全高1450mm、左右ミラーを含めた全幅が1920mm。

車台には、次世代の軽量プラットフォームを導入。エンジンは、直噴1.0リットルガソリンターボ「BOOSTERJET」。低燃費で、力強い走行性能を追求している。

  • 森脇稔
  • スズキ iK-2(ジュネーブモーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
  • スズキ iK-2(ジュネーブモーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
  • スズキ iK-2
  • スズキ iK-2
  • スズキ iK-2
  • スズキ iK-2
  • スズキ iK-2
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ