ヤマハ、インドネシアに新型125ccスクーター ソウルGT を導入

モーターサイクル レスポンス

ヤマハ発動機は、125ccスクーターの新製品『ソウルGT』を3月からインドネシアに導入すると発表した。

新型ソウルGTは、次世代エンジンの開発思想「BLUE CORE(ブルーコア)」に基づいて開発された高性能小型エンジンを搭載。素早い加速性能を発揮するとともに、優れた燃費性能を実現する。

外観は、たくましく力強いボディデザインと、それに調和するフロント80mm、リア100mmの幅広タイヤが特徴。また、同社125ccクラス初のLEDヘッドライトを採用し、睨みを利かせた個性的なデザインとしている。

製造・販売はインドネシアのグループ会社 PT. ヤマハ インドネシア モーター マニュファクチャリングが行う。

なお、同モデルの基本骨格やエンジンは、2014年12月から導入している『ミオ125』と共通のプラットフォームがベース。インドネシア向けのBLUE COREエンジン搭載モデルとしては『ミオ125』『NMAX』に続く3機種目となる。

新型ソウルGTは、同社が進めるプラットフォーム戦略の一翼を担うモデルとして、インドネシア市場での販売拡大を目指す。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ