トヨタ車体、役員体制を変更…専務役員と常務役員を設置

業界 レスポンス

トヨタ車体は、役員体制を変更すると発表した。

現在、執行役員制度を導入しているが、業務の執行を担当する役員として「専務役員」、「常務役員」を置くとともに、取締役は会長、社長、副社長に加え、専務役員から選任する体制とする。親会社であるトヨタ自動車と同様の経営体制となる。

取締役の選任は、4月1日に開催する株主総会で正式に決定する。

また、トヨタ自動車の小西雄三常務理事がトヨタ車体の取締役・専務役員に就任する。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ