ヤンマー、サッカーベトナム代表チームへのスポンサー契約を締結

業界 レスポンス

ヤンマーは現地時間3月4日、ベトナムサッカー連盟(VFF)とサッカーベトナム代表ナショナルチームへのスポンサー契約を現地において発表した。

ヤンマーは1957年に自社でサッカークラブを創設して以来、サッカーが生み出す喜びや感動を通じて、人々の生活をより豊かにする取り組みを続けてきた。現在はJリーグ「セレッソ大阪」のパートナーカンパニーを務めるほか、英国プレミアリーグ マンチェスターユナイテッドとグローバル・オフィシャル・パートナー契約を結んでいる。

ベトナムは世界第3位の米の輸出国であり、今後さらなる農作物の収穫量アップに向けて農業の機械化が見込まれている。また、水産業においても輸出額世界第5位と同国における重要な産業となっており、同社にとってアジアの中でも重要な市場となっている

ヤンマーとベトナムの関係は1950年代より始まり、半世紀以上もの間、ベトナムの人々の豊かな暮らしの実現に向けて農業・水産業の分野でともに歩んできた。今回、サッカーを通じて、こうした同社の想いをもっとたくさんの人々に知ってもらいたいと考え、サッカーのベトナム代表ナショナルチームをサポートすることを決定した。

ヤンマーは対象試合におけるピッチ看板、バックボード、ベトナム代表の練習着(背中)へのロゴ掲出や観戦チケット、プロモーションなどを通じて、ベトナム国民とともに代表チームを応援していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • スポンサーシップロゴマーク
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ