【F1】マノー・マルシャF1、開幕戦から参戦決定…2015年は全10チーム20台に

モータースポーツ レスポンス

マルシャF1チームを運営していたマノーは4日、2015年のF1世界選手権の開幕戦から参戦することを明らかにした。

昨年、財政難によりF1撤退が発表され、チームや施設等も管財人の管理下に入っており破産手続きが進んでいた。しかし、新たにチームをサポートする投資家が現れたことにより急展開をみせ、現在は管財人の手を離れて復帰に向けての準備が進んでいる模様。

さらにレースドライバーも発表され、1人目は昨年終盤戦にケータハムでドライブしたウィル・スティーブンス。2人目はまだ未定となっている。

2月27日発表のF1エントリーリストにも「マノー・マルシャF1チーム」として2台分の枠が取られており、エントリーに関しては問題ないようだ。ただし、レギュレーション上2014年のマシンを使用することはできず、開幕戦までに今季仕様に開発したマシンが必要。またスティーブンスのスーパーライセンス発給に関してもクリアしなければいけない課題がいくつか残っている。

2015年のF1開幕戦オーストラリアGPは、3月13日から走行が開始される。

  • 吉田 知弘
  • 2014シーズンのマルシャF1チーム《画像 Getty Images》
  • 2014シーズンのマルシャF1チーム《画像 Getty Images》
  • 2014シーズンのマルシャF1チーム《画像 Getty Images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ