デンソー、新開発の将棋専用ロボットアームを「将棋電王戦FINAL」に提供

業界 レスポンス

デンソーは、ドワンゴと日本将棋連盟が3月14日から4月11日にかけて開催するプロ棋士対コンピュータ将棋の団体戦「将棋電王戦FINAL」に新開発のロボットアーム「電王手さん」を提供すると発表した。

デンソーは、昨年行われた「第3回将棋電王戦」に協賛し、デンソーの子会社であるデンソーウェーブがコンピュータ将棋の指し手を盤上に再現するロボットアーム「電王手くん」を提供した。

今回提供するロボットアーム「電王手さん」は、2014年度のグッドデザイン大賞を受賞した医薬・医療用ロボット「VS-050S2」をベースに、高性能と機能美を追求、将棋対局専用に設計、開発した。特に世界初の技術となる、成駒の動作を実現したグリッパー(指の役割)を開発した。

前モデルの駒の着手はコンプレッサーによる吸着式だったため、いったん駒を吸い上げて成駒専用の台に移動させ、反対面から吸着し直してから盤上に置き戻していた。今回は、新開発グリッパーで駒をつかみ、裏側に回転させて成駒にすることが可能となり、より通常に近い将棋対局を再現する。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ