三菱 ミニキャブ バン と タウンボックス、新型発売…スズキOEM

新車 レスポンス

三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブ バン』と軽乗用車『タウンボックス』をフルモデルチェンジし、3月20日より販売を開始する。

今回のフルモデルチェンジでは、ホイールベースの拡大などによりクラストップの室内/荷室空間を確保しながら、新型エンジン・新型トランスミッションの搭載、車体の軽量化などによりクラストップの低燃費を実現。また、先進予防安全技術「e-Assist」を標準装備し、安全性能を向上させた。

ミニキャブ バンは、クラストップの荷室長・荷室幅・荷室高に加え、クラストップのテールゲート/後席スライドドア開口部幅・開口部高を実現。フラットな荷室床面、スクエアなエクステリアデザインと合わせ、優れた積載性を確保した。また、軽量化した車体に新型エンジン・新型トランスミッションを搭載したことで、力強い走りと20.2km/リットル(JC08モード)のクラストップの低燃費を両立した。

タウンボックスは、クラストップの室内長・室内幅・室内高を実現し、日常からレジャーシーンまで幅広く対応する広さを確保するとともに便利機能を充実させた。また、全車に新型ターボエンジンを搭載し、高速走行・長距離移動でもたのもしく力強い走りと16.2km/リットル(JC08モード)のクラストップの低燃費を両立した。

なお、いずれのモデルも、スズキからのOEM供給車となる。

価格はミニキャブバンが93万9600円から150万2280円、タウンボックスが160万9200円から181万4400円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 三菱 ミニキャブバン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ