ヤマハ、全日本選手権へファクトリー参戦を再開…2015年モータースポーツ活動計画

モータースポーツ レスポンス

ヤマハは3月6日、2015年のモータースポーツ活動計画を発表した。これまで通りMotoGP参戦のほか、2015年シーズンからは、全日本選手権にファクトリー体制での参戦を再開。

アジアロードレースでは、今シーズンより新たに新設される250ccクラスに、6か国13人の若手有望ライダーが『YZF-R25』で出場するなど、世界・国内どちらにも、これまで以上に力を入れていく構えだ。

会見において、ヤマハ発動機 代表取締役 副社長の木村隆昭氏は「世界の舞台で”ヤマハ・レーシング・ブルー”が活躍するためには国内も当然重要となる。世界のレースシーンに発信する技術や人材の重要な開発拠点として、継続的に国内のレース活動に力を注いでいく」とファクトリー体制での参戦再開の意義について語る。

2015年は、ヤマハ発動機にとって創立60周年となる節目の年。ヤマハのレース活動は、創立からわずか10日後に参戦した第3回富士登山レースからスタートし、以来60年間、ヤマハはモータースポーツの場でその技術と品質を磨いてきた。

木村氏は「国内外で積み重ねてきた挑戦の歴史は、ヤマハ発動機の歩みそのものであり、そうした活動から生まれたチャレンジスピリットは我々の大切な企業文化の1つ」と述べた。

会見では、MotoGPにヤマハ・ファクトリー・レーシングから参戦するバレンティーノ・ロッシ、ホルヘ・ロレンソ両選手からビデオメッセージも披露され、ロッシ選手は「初戦から全力を尽くして戦い勝利を目指す」と話した。

  • 橋本 隆志
  • ヤマハ 2015年 モータースポーツ活動計画発表会《撮影 橋本隆志》
  • ヤマハ 2015年 モータースポーツ活動計画発表会《撮影 橋本隆志》
  • ヤマハ 2015年 モータースポーツ活動計画発表会《撮影 橋本隆志》
  • ヤマハ 2015年 モータースポーツ活動計画発表会《撮影 橋本隆志》
  • ヤマハ 2015年 モータースポーツ活動計画発表会《撮影 橋本隆志》
  • ヤマハ 2015年 モータースポーツ活動計画発表会《撮影 橋本隆志》
  • ヤマハ 2015年 モータースポーツ活動計画発表会《撮影 橋本隆志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ