UDトラックス、スリランカに クエスター を投入…南アジア初

業界 レスポンス

UDトラックスは3月6日、新興国向け大型トラック『クエスター』をスリランカに投入したと発表した。クエスターは2013年、タイで販売を開始したが、南アジアではスリランカが初となる。

UDトラックスはクエスターを2013年のタイを皮切りに、これまでインドネシア、マレーシア、中国で投入。今回新たに投入したスリランカなど新興国では、長距離輸送や配送、建設現場、鉱山開発などの幅広い用途に対応できるよう様々な車型を用意し、顧客の事業効率化に貢献する。

同国では、セノック・トレード・コンバイン社(セノック社)がUDトラックス車両の整備・販売業務を担当。コロンボ、マタラ、ヴァヴニヤの3か所の整備・販売拠点で部品供給を行うほか、シンガポールにも部品拠点を置き、効率的な部品管理と即納に努めている。

UDトラックスの車両は、同国では石油やLPガスの輸送、港湾、空港、灌漑・水、電力事業、軍、地方自治体などで幅広く活用。また民間企業では長距離輸送や石油精製品輸送、建設会社で使用されている。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ