インバイト、運転支援システム搭載の新型ドライブレコーダーを発売

業界 レスポンス

インバイトは、運転支援システムを搭載する新型ドライブレコーダー「FineVu CR-2000S+」を3月12日より発売する。

新製品は、衝突事故を防ぐ「前方衝突警報」を搭載。設定速度(30、60、90km/h)を上回る速度で前方車両との車間距離が狭まった場合、ブザー音を発し、わき見運転などによる追突事故を未然に防ぐ。

また、設定速度(60、80、100km/h)を上回る速度で車線を跨いだ場合、ブザー音を発する「車線逸脱警報」機能を搭載。居眠り運転などによる車のふらつきを未然に防ぐことができる。

ドライブレコーダーの性能面では、前後2つのカメラにソニー製センサーを採用。夜間などの暗所での撮影にも強く、フルHD 30fpsの高画質で鮮明な映像を記録できる。また、駐車中の撮影に特化した「パーキングモード (駐車モード)」を搭載。動体検知や衝撃感知による記録を行い、駐車中のいたずらや車上荒らしへの対策としても利用できる。

新製品は、オートバックスグループ各店、イエローハット各店、Amazon.co.jpおよび同社直販サイトで販売。価格はオープン(直販価格5万9800円)。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • FineVu CR-2000S+
  • FineVu CR-2000S+
  • FineVu CR-2000S+
  • FineVu CR-2000S+
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ