【ジュネーブモーターショー15】BMW M4 、Moto GPセーフティカーに2015年型…レース技術を市販車に

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、BMWは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、2015年シーズンの「Moto GP」の公式セーフティカー、『M4クーペ』を初公開した。

BMWは1999年から、世界最高峰の二輪ロードレースMoto GPに公式車両を提供。ここ数年では、2011年シーズンが『M5』、2012年シーズンは『M6クーペ』、2013年シーズンは『M6グランクーペ』が、Moto GPのセーフティカーを務めてきた。2014年からは、2年連続でM4クーペがMoto GPの公式車両を務めている。

M4クーペには、新開発の直噴3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載。最大出力431ps/5500-7300rpm、最大トルク56.1kgm/1850-5500rpmを引き出す。トランスミッションは、6速MTと7速デュアルクラッチの「DCT」。0-100km/h加速は、7速DCTが4.1秒、6速MTが4.3秒。最高速は250km/h(リミッター作動)。「Mドライバーズパッケージ」ではリミッターが解除され、最高速は280km/hを誇る。

Moto GPセーフティカー仕様のM4クーペでは、カーボンファイバー製のリアスポイラー&ディフューザーなど、Mパフォーマンスパーツを装備。ルーフには、LEDフラッシュライトが追加されるのが特徴。また、2015年シーズン用のセーフティカーでは、ボディカラーをホワイトからブラックに変更した。

さらに、注目できるのは、「ウォーターインジェクション」と呼ばれる新機構の導入。これは、エンジン燃焼室の温度が上がった時、水を噴射して吸気温度を下げるメカニズム。ジュネーブモーターショー15のプレスカンファレンスには、BMWグループ取締役会のノベルト・ライトホーファー会長が登壇。「ウォーターインジェクションは、パフォーマンスを劇的に向上させると同時に、燃費と排出ガス性能も改善する。近い将来、BMW Mの市販車に設定されるだろう」と述べ、レース技術を市販車に応用する意向を示している。

  • 森脇稔
  • BMW M4クーペ の2015年シーズンMoto GPセーフティカー(ジュネーブモーターショー15)
  • BMW M4クーペ の2015年シーズンMoto GPセーフティカー(ジュネーブモーターショー15)
  • BMW M4クーペ の2015年シーズンMoto GPセーフティカー(ジュネーブモーターショー15)
  • BMW M4クーペ の2015年シーズンMoto GPセーフティカー(ジュネーブモーターショー15)
  • BMW M4 クーペのMoto GP セーフティカー
  • BMW M4 クーペのMoto GP セーフティカー
  • BMW M4 クーペのMoto GP セーフティカー
  • BMW M4 クーペのMoto GP セーフティカー
  • BMW M4 クーペのMoto GP セーフティカー
  • BMW M4 クーペのMoto GP セーフティカー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ