【MWC 2015】ボルボ、コネクテッドカーによる先進的ビジョンを発表…路面状況をクラウドで共有

テクノロジー レスポンス

ボルボは、3月2日から5日までバルセロナで開催されたモバイル技術見本市、モバイル・ワールド・コングレス(MWC)で、コネクテッドカーの未来に向けた次のステップを発表した。

ボルボは現在、車載データとボルボクラウドの組み合わせが切り開く、多岐にわたるコネクテッドカーサービスの可能性を検討。開発を進めるスマートシティでは、信号の切り替えタイミングや速度制限の最適化、リアルタイムの渋滞情報からの別ルート提案などで、交通の流れの管理効率を高めることができる。また、悪天候や路上の緊急事態、急ブレーキをかけた車両に関する警告をリアルタイムで発信できるほか、将来は、クラウド接続された街灯により、コネクテッドカーが検知した滑りやすい路面を通常とは異なる色で照らし、危険な路面があることを周囲のドライバーに知らせることもできるという。

ボルボでは長年、路面情報をクラウド経由で共有するテクノロジーを開発しており、今年はテスト車を1000台に増やし、スウェーデンとノルウェーで実証実験を行っている。

ボルボ・カー・グループのクラス・ベンドリ副社長兼グループCIOは、「運転中の車が収集した道路状況の情報を、コネテッドカークラウドで経由し、他のドライバーや地方自治体と共有する世界を想像してほしい。そこは、クラウドによるデータの共有が利便性を高め、人命をリスクから遠ざけ、社会貢献も果たす世界だ。ボルボはこのような未来のシナリオを描いてる」と述べている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 路面凍結の警告システム
  • 路面凍結の警告システム
  • 路面凍結の警告システム
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ