【ジュネーブモーターショー15】ヒュンダイ i20 新型に3ドアの「クーペ」…5ドアとデザイン差異化

新車 レスポンス

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、新型車の『i20クーペ』を初公開した。

ヒュンダイ『i20』は2008年秋、パリモーターショー08で発表。フォルクスワーゲン『ポロ』やトヨタ『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)など、欧州Bセグメントに属するコンパクトカー。ボディタイプは、5ドアと3ドアの2種類を用意する。

ヒュンダイは2014年10月、パリモーターショー14で新型i20の5ドアハッチバックをワールドプレミア。今回、ジュネーブモーターショー15では、新型i20の3ドアハッチバック版が、i20クーペの名前で初公開された。

i20クーペは、5ドア同様、ドイツ・ラッセルスハイムの欧州デザインセンターが設計を担当。若い顧客にアピールするべく、スポーティなデザインが追求された。A、B、Cピラーの形状をはじめ、5ドアとは異なる専用デザインを持たせる。全高は25mm低められた。

欧州仕様のエンジンは、ガソリンとディーゼル。最大出力は75psから100psを用意する。2015年には、排気量1.0リットルの直列3気筒ガソリンターボを追加する予定。

ヒュンダイはジュネーブモーターショー15のプレスカンファレンスにおいて、i20クーペの5ドアハッチバックとの違いを強調。「3ドアのBセグメント車に、5ドア車と異なるデザインを与えたのは初めて。ダイナミックな外観と、印象的な内装は、若い顧客を魅了するだろう」とアピールしている。

  • 森脇稔
  • ヒュンダイ i20 クーペ(ジュネーブモーターショー15)
  • ヒュンダイ i20 クーペ(ジュネーブモーターショー15)
  • ヒュンダイ i20 クーペ(ジュネーブモーターショー15)
  • ヒュンダイ i20 クーペ(ジュネーブモーターショー15)
  • ヒュンダイ i20 クーペ
  • ヒュンダイ i20 クーペ
  • ヒュンダイ i20 クーペ
  • ヒュンダイ i20 クーペ
  • ヒュンダイ i20 クーペ
  • ヒュンダイ i20 クーペ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ