ブレンボ の新型ブレーキ、フェラーリ 488 GTB に純正装着

新車 レスポンス

イタリアに本拠を置く自動車用ブレーキ製造大手、ブレンボは3月3日、フェラーリ『488 GTB』にブレンボの新型ブレーキシステムが純正装着された、と発表した。

フェラーリ488 GTBはジュネーブモーターショー15で初公開。フェラーリの主力車種、『458イタリア』の大幅改良モデル。488 GTBのハイライトは、新エンジン。ミッドシップに搭載されるのは、新開発の3902cc V型8気筒ガソリンターボエンジン。排気量は従来の4.5リットルV8自然吸気ユニットと比較して、およそ600ccダウンサイジングした。それでいて、最大出力670ps/8000rpm、最大トルク77.5kgm/3000rpmを獲得。

従来の4.5 リットル(最大出力570ps、最大トルク55kgm)比で、排気量を縮小しながら、パワーは100ps、トルクは22.5kgmも上回る。トランスミッションは7速。乾燥重量は1370kg。488 GTBは、0‐100km/h加速3秒、最高速330km/h以上の優れたパフォーマンスを実現した。

この488 GTBの純正ブレーキとして採用されたのが、ブレンボの新型ブレーキシステム。ブレーキパッドにはピストンの圧力で強い負荷がかかるため、剛性をいかに高く保ちながら、変形を最小限に抑えるかが課題。これを解決するキャリパーが、モノブロックタイプ。モノブロックとは、鋳造アルミニウムのビレットから機械加工でキャリパーボディを削り出す製法。

デザインは、バネ下重量の低減に特に重点を置いた画期的な設計。フロントキャリパーとリアキャリパーには異径ピストンを採用し、ブレーキディスクの回転で部分的に減りが進みやすいブレーキパッドの摩耗を、全体に均一化した。CCM(カーボンセラミック)ディスクには、特殊配合のセラミック素材を使用。ブレンボは、「鋳鉄ディスクと比較して50%の軽量化を実現。これにより、バネ下重量の大幅な削減が可能になった」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • フェラーリ 488 GTB
  • フェラーリ 488 GTB
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ