クラリオン、国内新車市場回復の遅れで通期業績見通しを下方修正

業界 レスポンス

クラリオンは、2015年3月期の通期連結決算業績見通しを下方修正した。

北米と中国での自動車メーカー向けは好調に推移しているものの、国内で消費増税後の新車販売回復の遅れから、自動車メーカー向け、市販向けともに想定より売上げが低迷している。

このため、売上高は、従来予想より25億円マイナスの1975億円に下方修正した。

収益では、先行投資を含めた開発費用が予想を上回っており、営業利益が前回予想から17億円マイナスの53億円、経常利益が22億円減の41億円となる見通し。

最終利益は47億円を見込んでいたが24億円に下方修正した。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ