【ジュネーブモーターショー15】アルファロメオ 4C、クーペが小改良…オプション装備を標準化

新車 レスポンス

イタリアのアルファロメオは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、『4Cクーペ』の小改良モデルを初公開した。

アルファロメオ4Cクーペは2013年3月、ジュネーブモーターショー13で発表。アルファロメオが開発した小型軽量なミッドシップスポーツカーが、4Cクーペ

ミッドシップに積まれる排気量1750ccの直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンは、最大出力240ps、最大トルク35.7kgmを発生する。車両重量は895kg。トランスミッションは、TCTと呼ばれるデュアルクラッチで、0-100km/h加速は4.5秒、最高速は250km/hの性能を備える。

今回、ジュネーブモーターショー15では、アルファロメオ4Cクーペがデビュー2年を経て、初の改良を実施。その内容は、小規模なもの。追加設定されたオープン版、『4Cスパイダー』に準じたアップデートが施された。

欧州では2月末の受注分から、従来オプションだった装備を標準化。カーボンファイバーで周囲を囲んだバイLEDヘッドランプ、高性能オーディオ、カーケアキット、車両カバーなどが標準装備されている。

  • 森脇稔
  • アルファロメオ 4C クーペ(左)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ