フォード、新「エコブースト」エンジンの生産を米国で開始…2.3と2.0リットル

業界 レスポンス

米国の自動車大手、フォードモーターは3月6日、米国オハイオ州クリーブランド工場において、新型「エコブースト」エンジンの生産を開始した。

エコブーストは、フォードモーターの新世代環境エンジン。直噴ガソリンエンジンをターボで過給。ダウンサイジングしながら、ターボでパワーを稼ぎ、パフォーマンスと燃費を両立させているのが特徴。

そのエコブーストの最新版が、排気量2.3リットルと2.0リットルの直列4気筒ガソリンのツインスクロールターボ。2.3リットルは新型フォード『マスタング』、改良新型フォード『エクスプローラー』、リンカーン『MKC』などに搭載。2.0リットルは、新型フォード『エッジ』が積む。

3月6日、米国オハイオ州クリーブランド工場では、新型エコブーストエンジンの生産を開始。フォードモーターが米国でこれらのエンジンを組み立てるのは、今回が初めて。

フォードモーターの北米生産担当、ブルース・ヘテル副社長は、「現在、400万台以上のエコブースト搭載車が、世界中の道路を走行している。クリーブランド工場の勤勉な従業員が、最も進んだ2機種のエコブーストを、誇りを持って生産する」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ