日本ガイシ、ディーゼル排ガス浄化用セラミックスの生産能力を3割増強へ

業界 レスポンス

日本ガイシは、欧州で需要が拡大しているディーゼル車向け排ガス浄化用セラミックスを増産するため、ポーランドの製造子会社NGKセラミックスポーランドが第2工場を新設すると発表した。

第2工場は、2017年1月に生産を開始し、NGKポーランドの炭化ケイ素(SiC)製ディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)の生産能力を約30%増強する。

第2工場は、既存拠点の東方約50kmにあるテュチナバ工業団地(シロンスク県ドンブロヴァ・グルニチャ市)に建設する。設備投資額は約170億円。

排ガス浄化用セラミックスの需要は、世界的な排ガス規制の強化や、新興国を中心とした自動車販売台数の増加に伴って伸びている。特に欧州では、景気回復に伴う乗用車販売台数の増加やディーゼルエンジン比率の高まりなどにより、耐熱性が高く厳しい使用条件に適したSiC製DPFの需要拡大が見込まれる。

NGKセラミックスポーランドは、SiC製DPFの生産拠点として2004年に生産を開始した。欧州で拡大する需要に対応するため、生産能力を段階的に増強してきたが、既存拠点には拡張の余地がなくなっていた。

  • 編集部
  • NGKセラミックスポーランド第2工場の全景イメージ
  • SiC製DPF
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ