東レ、タイヤなど向け繊維補強材のアジア生産・販売体制を構築

業界 レスポンス

東レの子会社、東レハイブリッドコードは、タイヤコードと産業用コード製品をアジア・インド地域で生産・販売する体制を構築すると発表した。

第1ステップとして、東レグループ海外製造会社とアジア・インドの有力メーカーを生産拠点とし、4月にタイの東レグループ海外商事会社TITHに、ハイブリッドコード部を設置する。その上で10月から、日系の海外工場を主体にタイヤ用繊維補強材などのタイヤコードや、自動車ホース・ベルト用繊維補強材などの産業用コードの販売活動を展開する。

第2ステップでは、2年以内にアセアン地域にベルト用繊維基材の製造子会社を新設し、商品の拡充を図る。

アジア・インド地域の自動車生産台数の増加によって同地域でのタイヤコード、産業用コードの需要量は年率4〜5%増加すると予想している。同社では、供給先のグローバル調達に対応するとともに、生産拠点を分散化することによるBCP(事業継続計画)を進めるため、海外に進出する。

タイヤコードは、同社の要素技術・生産技術をライセンスするアジア・インドの有力タイヤコードメーカーを生産拠点とする。産業用コードは、東レグループとして国内外で一貫した生産販売体制の拡充を図るため、東レ本体、タイの東レグループ海外製造会社ラッキーテックス、東レハイブリッドコードの3社が連携し、ラッキーテックスでコードを生産する。販売先は、日系を主体としたアッパーミドル市場をターゲットとする。

タイヤコード用ポリエステル原糸は、東レが製糸技術をライセンスしたアジア・インド地域の有力原糸製造会社のものを使用し、産業用コード原糸は、東レ原糸活用を主軸に一部海外ライセンス先からの供給も受ける。

アジア市場規模は、タイヤコードで年産17万トン、産業用コードで年産1万トンの合計18万トン。同社の販売目標は国内外合わせて、2018年度に1万6000トン、2020年度には2万トンを目指す。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ