【ジュネーブモーターショー15】プジョー 208 に改良新型…クラストップの環境性能

新車 レスポンス

フランスの自動車大手、プジョーは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、『208』の改良新型モデルを初公開した。

プジョー208は、『207』の後継車として2012年3月、ジュネーブモーターショー12で発表。プジョーの主力Bセグメント車となる。その208がデビューから3年を経て、初の大幅改良を受けた。

外観は、フロントマスクを変更。グリルやバンパー、ヘッドライトのデザインを改め、新鮮さを醸し出す。リア回りでは、立体感のあるLEDテールランプ新しい。ボディカラーには、オレンジなどの新色が登場。

室内は、各種素材が見直され、質感を引き上げた。ダッシュボード中央には、最新型の7インチタッチパネルを核にした、インフォテインメントシステムが用意される。

欧州向けのエンジンは、ガソリンとディーゼルの複数ユニット。中でも、ガソリンには、新開発の1.2リットル直列3気筒ターボ「ピュアテック」を設定。最大出力110hpを引き出す。ディーゼルでは、最もCO2排出量が少ないモデルは79g/kmと、クラストップとなる。

プジョーは、ジュネーブモーターショー15のプレスカンファレンスにおいて、「ここジュネーブで208を発表してから3年。改良新型モデルは内外装をアップデートし、ユーロ6を満たすエンジンの選択肢を増やした。前例のない特徴を備えている」と、改良新型モデルの魅力について説明している。

  • 森脇稔
  • プジョー 208 改良新型(ジュネーブモーターショー15)
  • プジョー 208 改良新型(ジュネーブモーターショー15)
  • プジョー 208 改良新型(ジュネーブモーターショー15)
  • プジョー 208 改良新型(ジュネーブモーターショー15)
  • プジョー 208 改良新型(ジュネーブモーターショー15)
  • プジョー 208 改良新型
  • プジョー 208 改良新型
  • プジョー 208 改良新型
  • プジョー 208 改良新型
  • プジョー 208 改良新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ